成り立ち・歴史寺院内案内|磯子七福神|

磯子七福神は、大正7年(1918年)に磯子区・南区の七つの寺社に祀られ、当時、近郷の参拝者が巡拝して賑わっていました。当初は、岡村天満宮、稲荷社(埋地・磯子浜)も講中内でしたが、何時の日か、現在の高野山真言宗の七つの寺院に祀られるようになりました。戦中、戦後で一時途絶えておりましたが、昭和53年(1978年)磯子区制施行50周年記念を契機に、磯子区青少年指導員協議会が各寺院・神社と磯子区体育指導委員協議会の協力を得て、歴史・文化の研究保存、ふる里意識高揚と体力・健康保持のために約9Kmの歩行順路を作りました。磯子七福神めぐりは、初詣として岡村天満宮と国指定三殿台遺跡を含め、九ケ所を一巡りするコースを設定し、毎年正月の第一または第二の日曜日(雨天中止)に磯子区役所前・根岸坂下公園・磯子小学校・岡村中学校の4ケ所から午前9時に半日行程で巡ります。

七福神の神々は、インドの守護神である毘沙門天、弁財天に、中国の高僧である布袋、寿老人、福禄寿、並びに日本古来の神である恵比寿とインドの大黒天と大国主命と合体した大黒様です。私達の先祖の人々が、現世に求める欲求を満たす七つの福徳を授けてくれる神々を選び、お参りする風習がありました。巡拝は、平安時代の末期頃より始まり、江戸時代の全盛期には、お正月行事として欠かす事の出来ない行事となり、明治、大正、昭和の初期まで続き、近年、複活し始めました。周辺には、横浜港北七福神・三浦七福神・逗子葉山七福神・東京隅田川七福神・遠くは、三河七福神・長野伊那七福神・淡路島七福神等がある。

弁財天は、インドの神で万物を破壊する洪水の力を神格化したもの。琵琶楽器を持っているので、音楽、学問、芸能、商売の福徳施与を願う神様。また、弁才天ともかく。

毘沙門天は、須弥山の四方守る四天王の一人。インドの守護神で、武人の神で宝塔、宝棒は財産、富貴繁栄と勇気を授けてくれる神様。また倶毘羅と言い施福の神ともいわれている。

布袋は、中国の名僧布袋和尚で、弥勒菩薩の化身といわれ、額は広く、身は太く短く、ふくよかな腹を持っ円満な相から、夫婦円満、功徳を施す神様。

恵比寿は、日本古来の神様で事代主命とか、海原に放たれた蛭子神の化身ともいわれ、海の幸を司る神といわれると共に、エビス・夷は、北海道のエゾと同名で、国土の原住の神ともいわれ、家内安全・家運隆昌・商売繁盛の神様。恵比須ともかく。

福禄寿は、中国の北宋の道士という説と、南極星の化身という説がある。人間が求めている「福と禄と寿」。福は幸福・家内安全、禄は倖禄・収入、地位、寿は長が生きを望む三つの願いを叶えてくれる神様。

寿老人は、中国の老子が天に昇り仙人になり1500歳の長寿保ったという説と南極星の化身といわれる説がある。人が永遠に長生きしたいという願いから出現した神様。

大黒天は、忿怒の相頬猊から武人の神、また食物の神といわれ、日本にわたり大国主命と合体し大黒様といわれ、その円福にあやかり、家内安全・勉学の神、米俵にのっているので、山の幸の神小槌をふりあげているので、財宝の神とぎれ、商売繁盛の神様として、江戸時代より、恵比寿様と共に、海の幸、山の幸、金銀の財をなすように一対で、神棚に祭られる。

巡拝コース・徒歩9Km。(大型バス乗入れ不可〕
1 磯子区役所・金蔵院(弁財天〕一真照寺(毘沙門天〕一密蔵院(布袋)一宝積寺〔恵比寿〕一弘誓院(福禄寿)一天然樹木林一宝生寺〔寿老人)一三殿舎遺跡一岡村天神一金剛院(大黒天〕解散。
2 磯子小学校・真照寺一密蔵院一宝積寺一弘誓院一天然樹木林一宝生寺一三殿台遺跡一岡村天神一金剛院一金蔵院・解散。
3 坂下公園・宝積寺一弘誓院一天然樹木林一宝生寺一三段台遺跡一岡村天神一金剛院一金蔵院一真照寺一密蔵院・解散。
4 岡村中学校・金蔵院一真照寺一密蔵陽一宝積寺一弘誓院一天然樹木林一宝生寺一三殿台遺跡一岡村天神一金剛院・解散。

・金蔵院/弁財天
・真照寺/毘沙門天
・密蔵院/布袋尊
宝積寺/恵比寿
・弘誓院/福禄寿
・寶生寺/寿老人
・金剛院/大黒天